HLS工法試験資料

試験資料1(熱橋)

固定方法による室内側固定部位の表面温度測定

試験機関 財団法人建材試験センター中央試験所

●試験概要
●試験体

仕上剤:スパンドレル、カラーガルバリウム鋼材t=0.4
断熱材:グラスウール32kg品 t=50×2層

ページトップへ戻る
●試験条件
条件番号
赤外線ランプ
の照射
外気側
空気温度
外気側
表面温度
室内側
空気温度
№1:
冬季を想定
-5℃成り行き20℃
№2:
夏季を想定
成り行き50℃20℃

T熱電灯による温度測定結果

試験条件№1:冬季を想定№2:夏季を想定
室外側空気温度-5.1℃30.7℃
室内側空気温度20.2℃20.5℃
試験体記号ABCABC
室外側表面温度-3.2℃-3.1℃-3.3℃50.2℃50.1℃49.7℃
室内側表面温度13.2℃12.5℃9.9℃29.6℃30.3℃31.5℃

温度低下率算定結果

試験条件№1:冬季を想定№2:夏季を想定
試験体記号ABCABC
室外側表面温度0.920.920.93---
室内側表面温度0.280.310.410.690.670.62
ページトップへ戻る

試験資料2(強度)

ヒートレスホルダーの固定強度引張試験

試験機関 日本大学工学部建築学科 RC構造・材料研究室

●試験方法 移動クロスヘッド下部での引張試験

●試験機      Instron Universal Testing Instrument Model 1125(インストロン1125型万能試験機)

●試験結果

Photo:試験体①

Photo:試験体①

Photo:試験体②

Photo:試験体②

(1)インシュレーションホルダーとソリッドディスク引抜強度

試験体 平均(kN)
ソリッドディクスを完全に閉じた状態 16.4
ソリッドディクスを8mm開けた状態 14.0
ソリッドディクスを16mm開けた状態 5.2

(2)ソリッドディスクとクオリティバーのホールド強度(引張)

試験体 平均(kN)
クオリティバー板厚 0.8mm 5.4
クオリティバー板厚 1.2mm 7.9
ページトップへ戻る

ヒートレスホルダーとモジュール別許容外壁重量一覧

クオリティバー 許容荷重(kN/㎡)
板厚(mm) 間隔(mm) 支持間隔(mm) H=20 H=70
0.8 455 455 7.62 45.16
606 4.30 25.46
910 1.90 11.29
606 455 5.73 33.90
606 3.23 19.11
910 1.43 8.47
910 455 3.82 22.58
606 2.15 12.73
910 0.95 5.64
1.2 455 455 12.99 78.86
606 7.32 44.46
910 3.25 19.71
606 455 9.75 59.21
606 5.50 33.38
910 2.44 14.80
910 455 6.50 39.43
606 3.66 22.22
910 1.62 9.86

※安全率80%

ページトップへ戻る

東京MXテレビ  企業魂で紹介されました!動画配信中!

社名 コンフォートテック株式会社
本社    〒260-0025        千葉県千葉市中央区問屋町 1-55シーオービル6階
>>MAP
TEL 043-305-4780
FAX 043-305-4781
東北支店 仙台営業所
〒989-1604       宮城県柴田郡柴田町    船岡東2丁目6-11
>>MAP
TEL 022-487-6981
FAX 022-487-6980

郡山営業所
〒963-0207
福島県郡山市鳴神3丁目217
中野ハイツ1F
>>MAP
TEL 024-983-5101
FAX 024-983-5103
メール
info@comfort-tec.co.jp
このホームページはスマートフォン版がございます。